しみ治療を受ける|しみによるお肌の老化を感じたなら評判の美容クリニックでしみ治療を受けよう

状態に合ったしみ治療をすることで改善が期待できます

しみの種類によって治療方法が異なる

しみにはそれぞれを特徴が異なります。また、この特徴の異なりによって適切な東京のクリニックで受ける治療方法も変わってくると言えるでしょう。ですから、どのような特徴があってどのような治療を受けるのかを学ぶようにして下さい。

しみ治療を受ける

ウーマン

2つ分けることができるしみ

しみ治療は、どこにできたのかどんな形なのかなどによって異なります。また、大きさでも治療の種類が変わるのです。さらに、一般的とされているしみの種類は2つに分けられるでしょう。それは、表在色素斑タイプと深在性色素斑タイプです。ですから、これらにどのような違いがあるのかを知って自分のしみがどちらの治療になるのかを判断しておきましょう。

表在色素斑タイプ

表在色素斑タイプのしみは、何らかが原因で受けたダメージによる色素沈着やそばかすなどの肌に異常があるものを指します。このタイプのしみは、光治療やレーザー治療による治療が効き目が高いです。

深在性色素斑タイプ

深在性色素斑タイプは、肌の奥にまでできているシミのことになります。ですから、肌の深くまで効果を与えることができるQスイッチYAGレーザーが効果があると言えるでしょう。